本日は為替相場に関しての基本的事柄とは何かについてのエピソードです。為替というものは「人の手で金銭の送付をしない場合でも金銭授受の目標を果たすやり取り」なのです。通常為替取引とはおおかた外国の為替について言っている事が多いのです。外為というものは貨幣のやり取りのことを言います。他の国へ旅行(シンガポール、タイ、)などした経験があれば絶対に国際為替の経験をしたことがあるでしょう。銀行に行って違う国の通貨と交換をするのであればそれこそが為替なのです。為替の市場とは何かと言うと買う人と売る人の金額を指すものです。銀行同士の取引の末に確定されるものです。それはマーケットメイカーと呼ばれる指定の複数の銀行であります。為替の相場は周りからの影響を受けつつ継続して時間ごとに変動して行きます。相場を変動させて行く要素というのは、ファンダメンタルズが言われます。ファンダメンタルズの意味は経済動向、経済の基本とかいろいろな条件のことを表すものです。国の経済成長率や景気状況、物価の変動、金融政策、無就業者数、有力者の発言と言う要素が絡んで為替の相場は変化し続けます。ことさら国際収支統計と失業率は影響が大きいと思われます。経常収支というものは日本のいい方ですと財務省からの命令で日本銀行が貿易統計を土台として作成した他の国とのある日数の経済取引を書き留めたものですです。統計は行政機関や日銀のホームページなどで知ることができます。就労者の統計・失業者の数も肝心となることが多い原因なのです。中でも米国労働者の統計は注目されます。毎月公示され検証のねらいが広範囲なのが特色です。為替のレートの状況は経済の変動を指しているので。経済活動の動向を見ることで為替相場の推移推測が可能となると言えます。