特定調停というのも任意整理による方法と同じく、各貸方への支払いを行っていくことを前提とした借金を整理する選択肢です。分かりやすく説明すると裁判所が行う任意整理と考えることができます。特定調停も任意整理による処理と似ていますが、自己破産とは異なって一部分の負債のみをまとめていくことになりますので、他に保証人が関係している負債を除いて整理をしたい際やクルマのローンを除き手続きしていく際等でも申請することが可能ですし築き上げてきた財産を処分する必要がないためマイカーや戸建て住宅などの自分の資産を持っていて、放棄してしまいたくない状況においても有効な債務整理の方法です。しかし、手続き後の返済に必要な額と実際に可能な可処分所得をかんがみてある程度完済が見通せるのであればこの手続きを進めていくほうが良いですが破産申告のように返済義務そのものが消えるというわけではありませんので、元金の金額が多い状況の場合、現実問題としてこの方法で手続きを踏むのは難しいと判断することになるでしょう。この解決策の場合は国の機関が間に入ってくるので弁護士事務所などに依頼しなくても不利になることはないという点や処理のための諸費用を圧縮できるというポイントはありますが、債権者からの取り立てに対し自ら対応していくことになる点や、所定の裁判所に数回行く手間がかかる等の留意点もあります。それから、任意整理との比較になりますが同意に達しないような際は利息を全部含めた計画で支払っていくことになるという点や貸方に対し支払っていく合計が任意整理による処理の場合と比較して増えることが多いといった留意点もあります。