大切なものもクレジットカードで購入するようにすれば保険が付く◇カードに付いてくる買い物保険はクレジットカードで一つのモノを切ると、それで切った商品を対象にオートで付く保険。入手した該当のモノが不良品だったり、盗難されてしまったような場合にこの保険が負った被害額を補償してくれます。一定のモノなどカードの保険が使えない場合もありますが日頃からカードを提示して支払いをするだけで該当の保険がかかるので、お勧めとしてはもっともっとクレカを用いてショッピングをするようにするといいでしょう。想像に難くないが、突然に前述のような呆然としがちな状況になってしまった場合に、ショッピング補償が利くことを体験するチャンスもあるでしょう。万が一の盗難保険が利くので安心してクレジットカードを使用できる■盗難保険は日本国内で紹介されている一部を除き100%のカードに付帯している保険。注意せず、財布の中のカードを落としてしまったり、偽造されたことが起こったなどに生まれた請求金額を上記のサービスが助けてくれるというわけです。カード払いは感覚的に怖いからなぁという感覚を抱いている方は多いですが、この保険がある以上、カードによる支払いは心配のない決済方法だと考えることが可能です。盗難保険はサービスを受けるにあたっての手続きなど何もしなくて良いため心配せずにカードを利用してもらうといいでしょう(異常な決済等、問題が起こった時に報告すれば利用できる)。その他、変わったカードに付く保険もよりどりみどり□ほかにも、カードの種類の違いで豊富な補償対象や範囲オプションが用意されているので検討の際には色々と契約したいカードのカスタマーセンター問い合わせてみるとよいと思います。例を示すならば、・シートベルト傷害保険(シートベルトを締めている際に事故で負傷したら適用)・スポーツ傷害保険(バスケ等のスポーツで他人を傷つけた時などにあたる)・ゴルファー保険(アルバトロスやクラブの破損などにあたる)・クレジットセイバー保険(クレジットカード契約者が死去した状況の際に債務の免除)などなどがあります。このほかにも探せばオリジナルのカテゴリも十分あるので自分にふさわしい保険内容を聞いてみても、クレカ探しには説得力のある手順なのかもしれませんね。